井筒仁康 公式サイト

井筒選手所属 Will-Raise Racing
  • トップ
  • プロフィール
  • 日程・戦歴
  • ギャラリー
  • スポンサー募集
  • ストア

RESULT

'13 参戦レース日程

13/11/02-03 SUPER BIKE RACE
全日本ロードレース選手権第9戦 in 鈴鹿

レース結果

▼ 決勝レース

Pos No. Rider Team
[Type]
Laps Delay Fastest Lap
1 77 井筒 仁康 KAWASAKI ZX-6R
[RS-ITOH&ASIA]
12 157.19km/h  2'12.578
2 6 渡辺 一馬 Honda CBR600RR
[KoharaRacing]
12 3.958  2'12.997
3 12 大崎 誠之 YAMAHA YZF-R6
[伊藤レーシングGMDスズカ]
12 5.372  2'13.164
4 14 岩崎 哲朗 KAWASAKI ZX-6R
[RS-ITOH&ASIA]
12 8.542  2'13.093
5 76 伊藤 勇樹 YAMAHA YZF-R6
[PETORONAS・HLYM]
12 8.764  2'12.894
6 71 小山 知良 Honda CBR600RR
[CLUB PLUSONE with T.Pro]
12 23.612  2'13.858
7 9 稲垣 誠 YAMAHA YZF-R6
[AKENO SPEED・MIC]
12 23.814  2'13.873
8 16 國川 浩道 Honda CBR600RR
[赤い3輪車レーシングチーム]
12 24.605  2'13.911
9 17 西嶋 修 KAWASAKI ZX-6R
[SPA直入インストラクターズ]
12 24.842  2'13.915
10 24 日浦 大治朗 Honda CBR600RR
[Honda鈴鹿レーシングチーム]
12 24.847  2'14.266
11 11 横江 竜司 YAMAHA YZF-R6
[RT 森のくまさん佐藤塾仙台]
12 24.997  2'13.728
12 634 亀谷 長純 Honda CBR600RR
[MuSASHi RT ハルク・プロ]
12 25.086  2'14.442
13 21 篠崎 佐助 YAMAHA YZF-R6
[SP忠男レーシングチーム]
12 31.821  2'14.917
14 78 大田 雅裕 KAWASAKI ZX-6R
[B-SQUARE racing]
12 32.277  2'14.922
15 83 宮嶋 佳毅 Honda CBR600RR
[TOHO RACING CLUB]
12 33.921  2'15.030
16 26 中津原 尚宏 Honda CBR600RR
[研友会栃木PGR+ATS]
12 52.457  2'16.889
17 57 奥野 翼 KAWASAKI ZX-6R
[PITCREW&松戸FLASH]
12 52.935  2'17.009
18 23 近藤 湧也 YAMAHA YZF-R6
[GBSレーシング]
12 53.248  2'16.238
19 30 豊田 浩史 Triumph DAYTONA675R
[D;REX]
12 53.565  2'16.503
20 48 中本 貴也 YAMAHA YZF-R6
[SP忠男レーシングチーム]
12 54.117  2'16.703
21 18 中山 真太郎 Honda CBR600RR
[TEAMしんたろうwithKRT]
12 54.524  2'16.971
22 46 小倉 章太郎 YAMAHA YZF-R6
[HiTMAN RC甲子園ヤマハ]
12  1'02.107  2'16.883
23 50 松川 泰宏 Honda CBR600RR
[MOTO BUM + SAI]
12  1'02.592  2'16.843
24 42 松本 正幸 KAWASAKI ZX-6R
[Teamマーキュリー&モトスト]
12  1'02.647  2'17.179
25 79 蒲谷 朋大 KAWASAKI ZX-6R
[SPA直入インストラクターズ]
12  1'02.738  2'17.172
26 37 阿久津 晃輝 YAMAHA YZF-R6
[SS'm+FRS+HouYou]
12  1'03.730  2'16.694
27 146 瀬崎 恭広 KAWASAKI ZX-6R
[カメイレーシング&Teamまんだい]
12  1'05.649  2'17.460
28 45 高橋 颯 KAWASAKI ZX-6R
[RS-ITOH&ASIA]
12  1'11.970  2'17.287
29 54 嶋川 直宏 YAMAHA YZF-R6
[D;REX]
12  1'19.979  2'18.536
30 91 中山 智博 KAWASAKI ZX-6R
[Team91&孫悟空]
12  1'20.235  2'18.953
31 74 山内 宏之 YAMAHA YZF-R6
[立秋モータース&RC甲子園]
12  1'23.089  2'18.381
32 55 渥美 心 Honda CBR600RR
[テルル&EM★KoharaRT]
9  3Laps  2'14.306
***** 以上規定周回数完走 *****
  2 中冨 伸一 AMAHA YZF-R6
[HiTMAN RC甲子園ヤマハ]
8 4Laps 2'12.702
  8 小林 龍太 Honda CBR600RR
[ NEXTSTAGE]
1 11Laps  
レース中のベストタイムは № 77 井筒 仁康 RS-ITOH&ASIA 2'12.578 5/12 158.06km/h
規定周回数 9
ペナルティ No.54 特別規則第22条~1)(A) (ホワイトラインカット)の違反により、罰金10,000円を科した。

レースレポート


2013年 全日本ロードレース選手権 最終戦鈴鹿

いよいよ全日本も最終戦を迎えることになりました。
今年はST600クラスとGP2クラスのダブルエントリーということで、忙しいシーズンとなり ましたが、ST600クラスではオートポリスで優勝する事が出来ました。その後は転倒リタイアと続いてしまいシリーズチャンピオンの可能性は無くなってしまいましたが、優勝目指し鈴鹿に乗り込みました。

木曜日、金曜日の練習走行ではマシンのセッティングを確認しながら走行を終えました。
土曜日のST600クラス予選では開始早々タイムアタックに入ったのですが、タイミングが合わずタイムを出すことができませんでした。終了間際に2分13秒3と6番手のタイムで予選を終えました。続くGP2クラスの予選ではマシンのセッティングを詰めながら走行を続けタイムアタックに入り2分11秒7と5番手のタイムで予選を終えました。

日曜日の決勝ではST600クラスからのレースとなり、2列目6番グリッドからスタートをきり、1コーナーを6番で通過、2周目のシケインで岩崎選手を抜き5番手に浮上、バックストレートで伊藤選手を抜き4番手に、3周目のデグナーコーナーで大崎選手を抜き3番手に浮上、決勝に向けセッティングを変更した事が良い方向に進み2分12秒台のラップタイムで走行を続け、5周目には渡辺選手を抜き2番手に上がり、7周目にはトップの中富選手に追いつきトップを入れ替えながら様子を見ていたところ、8周目の130Rコーナーで中富選手が転倒、トップに出てからは後続を引き離しトップでチェッカー受け優勝出来ました。
続くGP2クラスのレースでは序盤トップ争いを展開してトップにも出たのですが、後半タイヤのグリップが落ちトップグループに着いて行くことが出来ず5位でチェッカーを受けました。

今シーズンはST600クラスオートポリスでは雨の中優勝出来ましたが、最終戦鈴鹿ではドライコンディションでの優勝ができ最高の締めくくりが出来ました。しかしGP2クラスでは表彰台に乗ることが出来ずにシーズンを終わってしまいましたので、来年度はGP2クラスのみの参戦で戦って行きたいと思いますので、来年度も応援よろしくお願いします。

井筒仁康
SPONSOR STORE
井筒選手所属 Will-Raise Racing
COPYRIGHT 2013 HITOYASU IZUTSU.ALL RIGHTS RESERVED.