井筒仁康 公式サイト

井筒選手所属 Will-Raise Racing
  • トップ
  • プロフィール
  • 日程・戦歴
  • ギャラリー
  • スポンサー募集
  • ストア

RESULT

'16 参戦レース日程

16/9/24-25

レース結果

▼ 決勝レース

順位 ライダー 型式 チーム名 所要時間 km/h トップ差 ベストタイム
1 作本 輝介 MD600 Team高武 RSC 15'45.245 141.030   1'32.828
2 水野 涼 HP6q MuSASHiRTハルク・プロ 15'45.355 141.014 0.110 1'33.153
3 生形 秀之 GSX-R MFD6 エスパルスドリームレーシング 15'46.631 140.824 1.386 1'33.109
4 関口 太郎 HP6 MISTRESA with HARC-PRO. 15'49.557 140.390 4.312 1'32.954
5 浦本 修充 GSX-proto71 Team KAGAYAMA 15'56.351 139.392 11.106 1'33.410
6 石塚 健 ZX-6R Will-RAISEracingRS-ITOH 15'59.232 138.974 13.987 1'33.392
7 渥美 心 TSR2 au&テルル・Kohara RT 15'59.298 138.964 14.053 1'33.515
8 上和田 拓海 YN6 Webike チームノリックヤマハ 16'05.439 138.080 20.194 1'33.535
9 國峰 啄磨 HP6-q H43 Team-NOBBY 16'07.154 137.835 21.909 1'33.432
10 長尾 健吾 GSX-R600 ミクニ テリー&カリー 16'17.005 136.446 31.76 1'34.279
11 大木 崇行 CBR600RR MOTO BUM十虎の穴 16'17.351 136.397 32.106 1'34.463
12 柴田 陸樹 ZX-6R RS-ITOH&AUTOBOY 16'18.154 136.285 32.909 1'34.260
13 佐藤 太紀 TSR6 au&テルル・Kohara RT 16'19.225 136.136 33.980 1'34.587
14 高橋 颯 HP6 CLUB PLUSONE 16'28.694 134.832 43.449 1'35.986
15 日浦 大治朗 MD600 MORIWAKI RACING 16'59.387 130.773 1'14.142 1'33.481
16 朝比奈 正 Z600 アサヒナレーシング 17'05.511 129.992 1'20.266 1'38.435
17 井筒 仁康 ZX-6R Will-RAISEracingRS-ITOH 14'19.482 139.592 1 Lap 1'33.379
18 三原 壮紫 HP6-q H43 Team-NOBBY 14'27.300 138.334 1 Lap 1'33.815
19 岩崎哲朗 ZX-6R OGURAclutch with パワービルダー 14'27.329 138.330 1 Lap 1'33.532
20 岡本 裕生 YN6 Webike チームノリックヤマハ 14'57.503 133.679 1 Lap 1'37.580
21 中尾 健治 YZF-R6 R&Tサークル・YSP宇部 15'43.884 127.110 1 Lap 1'41.386
22 赤間 清 HP6 MISTRESA with HARC-PRO. 16'02.305 124.677 1 Lap 1'39.687
------- 以上完走 -------
  Max Croker HP6 チームヨシハル&K1Racing 12'25.138 107.342 4 Laps 1'39.947
  古山 颯太 YZF-R6GK MotoPod&YSP名古屋西 6'29.454 136.918 6 Laps 1'34.596
  山内 宏之 YZF-R6 立秋モータース&RC甲子園 6'58.449 127.431 6 Laps 1'41.137
  中本 郡 HP6 SYNCEDGE 4413 備前精機 1'45.421 126.453 9 Laps 1'45.421
※本決勝レースは、MFJ国内競技規則 付則4 ロードレース競技規則 24-1(赤旗再レース)を適用し、再レースとした。
※再レースは、ウェット宣言により、2周回減算の17周で行った。
※本決勝レースは、開始18分32秒時点で赤旗提示、国内競技規則 第3章 29-1に基づき、レース完了とした。
参加台数:26台 出走台数:26台
ベストラップ: 15 作本 輝介 1'32.828 4/10 143.608km/h

レースレポート


スポンサー各位

全日本ロードレース選手権 岡山国際サーキット

全日本ロードレース選手権も残り2戦となりました。
今シーズンはこれまで良い結果が残せないシーズンとなりましたが、残り2戦悔いの残らない戦いが出来るように岡山に挑みました。

金曜日のフリー走行では午前中の走行が雨となりました。
午後の走行ではマシンの確認を行いながら走行を続けていましたが、マシンのフィーリングが悪くタイムを上げることが出来ませんでした。
土曜日の予選ではマシンのセッティングを変更してタイムアタックに挑みましたが、マシンのフィーリングが良くなっておらず1分33秒3と14番手のタイムで予選を終えました。

日曜日朝のフリー走行では問題点と思われるパーツを交換して走行したところ、マシンのフィーリングが良くなり1分33秒1と予選を上回るタイムを記録しました。

決勝レースではスタート直前に小雨が降り出しスタート進行が遅れましたが、ウエット宣言が出され5列目14番グリッドからスタートを切りました。
1コーナーを10番手前後で通過、徐々に順位を上げ7周目には5番手までポジションを上げていたのですが、最終コーナー付近で大粒の雨が降り出しスリックタイヤでの走行では危険な状況になっていました。
ウエット宣言が出されていた為、レースは続行になると思い慎重に走行を続けていたのですが、最終コーナーで濡れた路面にタイヤが滑り転倒してしまいました。
転倒車が続出した為、赤旗が出されレース中断となりましたが、規定周回数に達していない為再レースが行われると思っていましたが、10周終了時点でのレース終了となってしまいました。

今年のレースも最終戦鈴鹿を残すだけになってしまいましたが、最後まで全力で頑張りたいと思いますので、今後も応援よろしくお願いします。
井筒仁康
SPONSORSTORE
井筒選手所属 Will-Raise Racing
COPYRIGHT 2013 HITOYASU IZUTSU.ALL RIGHTS RESERVED.